ホワイトデーにお返しをしてくれない彼氏の心理とは!?

バレンタインに彼氏にチョコレートなどの
プレゼントをした女性であれば、
ホワイトデーにお返しをもらえることを
期待しますよね。

しかし実際にその日になっても
何も無いということになったら
彼女の貴女としたらショックで仕方ないでしょう。

なんで何もないの?
私のこと本当は好きじゃないの?
と心配にすらなってしまう方も
いるのではないでしょうか。

実際にバレンタインにプレゼントをしたのに
お返しをしてくれない彼氏は
どのような心理でいるのか、
あげていきましょう。
 

忙しくてそれどころではなかった

 
まずは忙しかったという理由で
お返しができてなかったという状況です。

意外と多いパターンです。

彼女である貴女のことを
忘れていたわけではありませんが、
仕事や予想しなかった
出来事などに追われてしまって
ホワイトデーの準備をすることが
できなかったのです。

 
貴女のことが大切だからこそ
適当に済ませたくなかったのでしょう。

そんな彼は後日しっかり
お返しをしてくれますので、
怒らずに待っててあげることがベストです。
 
 

興味がない、忘れている

 
男性は女性に比べると
イベントごとには疎いと言われています。

そのためにホワイトデーという存在も
どうでもよいと考えてしまい、
結果的に忘れてしまっていたりもするのです。

決して悪気があるわけではないのですが、
バレンタインにプレゼントを
もらっといてと考えると、
女性からしたら気分が良くないですよね。

もし誕生日などには
しっかりプレゼントをくれるのであれば
貴女のことを気にしていないわけではありませんので、
ここは開き直って来年からは
バレンタインには何もしない
ということも一つのやり方でしょう。

サプライズで後日渡そうとしている

 
もしホワイトデーに
彼氏が何もしてくれなかったとしても、
それはサプライズの始まりということもあります。

その日には何もせずに
貴女を心配させておいて、
後日サプライズ的に素敵なプレゼントを
お返ししてくれるという
作戦に出ているのです。

その日は気持ちも落ちそうになってしまいますが、
サプライズでお返しされたときには
感動も大きくなりますね。
 

単にケチである

 
最後にあまり聞きたくない
彼氏の心理ですが、
ホワイトデーにお返しをしてくれない彼氏は、
単にケチであるということがあげられます。

彼女のプレゼントなんて
用意している余裕はない
と考えていて、
ホワイトデーを
なかったことにしようとしているのです。

もし彼氏がこのようなタイプであったら、
今後を考えたほうが良いでしょう。
 

まとめ

 
ホワイトデーにお返しをしてくれない
彼氏の心理をあげていきました。

忙しかったということであれば
仕方ないにしても、
興味がないとかケチで
何もしてくれないというのは
彼女としては悲しい気持ちになってしまいますよね。

なかなか催促をすることも
難しいと思いますが、
もし今後も長く付き合っていきたいのであれば、
何もしてもらえない時には
軽く意識させることを
言ってみても良いでしょう。

おすすめの記事