バレンタインで男性に重いと思われる手作りのものとは?

バレンタインとなりますと、
彼氏にチョコやプレゼントをあげたり、
気になる男性がいたら告白代わりに
プレゼントを渡したりしますよね。

そしてせっかくの本命のプレゼントなので、
何か手作りでと考えるでしょう。

もちろんもらった男性側も実際にその方が嬉しいものです。
 
しかし、いくら手作りと言っても
「これはちょっと重いかな」と感じさせてしまうこともあります。

良かれと思ってプレゼントしたのに、
重いなんて思われたら辛いですよね。

気持ちを伝えたつもりが逆効果になってしまいかねません。
 
ではバレンタインで男性に重いと思われてしまう手作りのものとは、
どのようなものでしょうか。
 
 

手が込みすぎているチョコレート

 
バレンタインにあげるものと言えば、
やはりチョコが一番に思いつくものですが、
良かれと思ってあげたチョコレートが男性からしたら
「重いな」と思われてしまうこともあります。
 
自分の気持ちをたっぷり込めたいと思えば、
チョコレート作りも気合が入ってしまいますよね。

しかし喜んでもらいたいという思いが強すぎて、
チョコレートのデコレートに手を込めすぎたり、
やたらと大きなハートのチョコだったりすると、
強すぎる気持ちを
「これはいくらなんでもやりすぎでは」
と感じてしまいます。
 
熱い気持ちはもちろん男性からしても嬉しいのですが、
それにより気持ちを込め過ぎてしまいますと
引かれてしまうかもしれません。

ほどほどにしておくことが無難でしょう。

ペアルックのセーター

 
裁縫が得意な女性なら、
バレンタインのプレゼントを手編みのセーターにすることもありますよね。

これは付き合っている関係の時にあることですが、
ペアルックのセーターを手作りであげてしまうと
重いと思われることもあります。
 
ペアルックは仲が良いという証明でもありますが、
彼氏からすると恥ずかしさもあって気が進まないという方もいます。
「嬉しいけど、正直あまり外では着たくない」
と思われてしまうかもしれません。

しかもそれが手編みともなれば、
「気持ちだけは受け取るけど、素直に受け取れない」
と感じてしまうでしょう。
 
ペアルックはあらかじめ彼氏に聞いておいた方が無難です。
 
 

たいして興味のない女性からの手作りチョコ

 
こちらは手作りということに重ねて、
二人の関係性も関わって、
その結果「重い」と思われてしまうことです。

男性からすると、
正直たいした興味もない女性からの手作りチョコは
重いと感じてしまうのです。
 
もらったときに「え、なんで?」と思ったり、
「ちょっと気持ちには応えられないんだけど」
なんて思ってしまい、
ただただ重いと感じられてしまうのです。
 
しかし告白のつもりで渡すわけですから、
それでも断られる覚悟で渡すしかありません。

逆に女性側ももしそこまで気を持っていないのなら、
勘違いさせないためにも市販のものが良いでしょう。
 
 

まとめ

 
男性がバレンタインでもらったときに
重いと思う手作りのものをあげていきました。

気持ちはとても大事ですが、
それを形に表す時はやりすぎないように気を付けなければいけませんね。
手作りは男性としては嬉しいものですので、
相手の性格や雰囲気を考えて力の入れ具合を調節しましょう。

おすすめの記事