バレンタインチョコの本命か義理かの違いを見分ける方法とは?

二月のバレンタインデーになると、
男性たちもチョコレートをもらったりしますよね。

その時に思うことが、
これは本命なのか、それとも義理なのかというところです。
 
仕事場で「こちら女性から男性の皆さんにまとめてです」
なんて渡され方したら、明らかに義理と分かりますが、
いざ気になる女性から改めて渡されたりなんてしたら気になってしまいますよね。
 
では女性からバレンタインチョコを渡されたときに、
義理か本命かを判断するポイントとは何なのか、あげていきます。
 
 

飾りつけなどに手間がかかっているか

 
バレンタインチョコの本命なのか義理なのかは、
手作りチョコにどれだけの手間がかかっているのかで分かります。

チョコは手作りと言っても、
一度溶かしてから型に入れただけというシンプルなものもあります。

そのようなものであれば、義理チョコである確率が高いです。

コンビニで買ってきたともなれば、確実に義理ですね。
 
しかし装飾などがされていて手間がかかっていたのなら、
本命と言えるものでしょう。

気持ちがこもっていないと、
なかなかチョコレートには手をかけられませんので。

どんなチョコレートの仕上がりかは本命か義理かの判断材料になると言えます。
 
 

二人だけの時に渡されたか

 
次はどのようなシチュエーションで渡されたかということです。

もし二人だけの時に渡されたのであれば、
それは本命であるかもしれません。

このチョコは特別だからという女性の気持ちが伝わってきます。
 
しかし、周りにほかの人がいる中で堂々と渡されたのであれば、
それは義理チョコと言えるでしょう。

特別感が特に感じられませんので、流れで渡したものと言えます。
 

メッセージカードや周りとの違い

 
先ほどみんなの前で渡されたら義理チョコと言いましたが、
あえてみんなの前で渡されたとしても本命であるかもしれないことがあります。

それは中にメッセージカードが入っているかということです。
 
もしメッセージカードが入っていて
「好きです」とか「ずっと気になってました」
なんて書いてあれば、確実に本命ですよね。

しかし皆に「お仕事お疲れ様です」くらいであれば、やはり義理ですが。
 
そして他の人と比べて、
手作り感が感じられたり明らかに質の高いものだったりしたら
、それも本命であるかもしれません。

どさくさにまぎれて本命チョコを渡すという、
女性の賢さを感じる渡しかたと言えるでしょう。
 
もし周りにいた男性にばれてしまったら、冷やかされるでしょう。
 
 

まとめ

 
バレンタインチョコをもらったときの
本名か義理かを判断するポイントをあげていきました。

チョコは手作りほど気持ちを感じますが、
そこにどれだけ手をかけたかにもよります。

そして本来は、本命チョコを上げるときは二人きりの時を選ぶものですね。
 
メッセージカードが入っていれば分かりやすいものですが、
もし気になる女性からチョコをもらったのならば、
以上のことを参考にして判断してみてください。

おすすめの記事